サツマイモの可能性を追い求めて

Farm

アンドオイモトウキョウのサツマイモは、

種子島の契約農家のもとで直接買い付けた

こだわりの安納芋。

Aging

収穫したサツマイモは、

石造りの熟成庫で60日間熟成させ、

さらに甘みと旨みを加えます。

Firewood to Charcoal

サツマイモを焼く炭にまでもこだわりが。

地元の樫やマテを、

自家製の炭窯で焼くこと約2週間。

手間暇かけて、炭を作ります。

Charcoal Grilling

こだわりの熟成サツマイモを、

そうして作られた自家製の炭と、

全長14mの長窯で2時間15分。

じっくり、しっとり焼き上げました。

関連記事一覧